病院の治療でダイエットを成功させる方法❘生活習慣病を予防

大便を用いた検査

看護師

飲食店は利用客に飲食物を提供する場であることから、安心できる営業を続ける為には飲食店スタッフの健康状態がとても重要なものとなります。食物などに含まれているウイルスが何らかの影響で飲食スタッフに感染した場合、そのスタッフが手に触れた飲食物にもウイルスが移ると言われています。ウイルスが付着した飲食物を口にした利用客も感染することになり、大問題が生じる可能性があるでしょう。そういった事態を防ぐ為には定期的に検便検査を行なって、スタッフにウイルスや病気が感染、発症していないかを知る必要があります。

検便検査は飲食店に限らず、身近な病院で受けることを可能な検査です。検便検査では、便に血が混ざっている原因を突き止めることもできるでしょう。便に血が混ざることで予想される病気には、大腸がんや胃炎、胃潰瘍、痔などがあります。切れ痔の場合は、排便する際に肛門付近が切れることによって血が付着する為、便の表面にその血が見られるでしょう。しかし大腸や胃など、内部の器官に異常が生じて血が混ざる場合は、便の表面のみならず、その中にも血が混ざっているのです。特に大腸がんは早めに発見しないと悪性となる腫瘍が他の器官に転移する危険性があります。その事態を防ぐ為にも検便検査は非常に重要なものとなるでしょう。検便検査は、体の異常をトータル的に調べる人間ドッグでも行なうことができ、その際に陽性となった場合には、大腸内視鏡検査などで詳しく調べることができます。

Copyright © 2016 病院の治療でダイエットを成功させる方法❘生活習慣病を予防 All Rights Reserved.